« 豚の貯金箱が主催する菊花豚賞 | トップページ | 豚の貯金箱 川柳 大賞発表 »

[特集] 2週間で子豚4名を獲得する方法

今回は、「豚の貯金箱 親豚”ポニョ”の実績から語る 2週間で子豚さん4名を獲得する方法」と題し、豚の貯金箱において、短期間でいかに多くの子豚さんを獲得するかのノウハウをまとめてみました。

私”ポニョ”は、実際に、2008年9月に実施された菊花豚賞参加中の2週間で子豚さん4名を獲得することができました。

その経験に基づき、2週間で子豚さん4名を獲得する方法を以下で掘り下げていきます。

まず、基本的なことですが、子豚を獲得するためには、豚の貯金箱サイト内にある”子豚チャン欲しいよ企画”に積極的に参加することです。

”子豚チャン欲しいよ企画”は毎週開催されており、100ポイントを支払えば、1週間参加することができます。

しかし、”子豚チャン欲しいよ企画”に参加しても、必ず、子豚さんを獲得できるという保証はありません。子豚さんを獲得できなければ、単に100ポイントを事務局に寄付するような形になってしまいます。

この”子豚チャン欲しいよ企画”で重要になることは、「親豚を選ぼう」のページにおいて、掲載されるあなた自身の自己アピール文です。

「親豚を選ぼう」のページでは、下記のように、スペースの制約上、全文は掲載されません。

Shoukai_3 

全文を読みたい場合は、”続きを読む”をクリックする必要があります。ここで、大勢参加している親豚希望者の中から、いかに、あなたの自己アピール全文にクリックしてもらえるかが大切なのです。

記載できる文字数は、全角70文字です。その70文字に、続きを読みたいと思わせるようなあなたからの素敵なメッセージ、セールスポイントを集約するのです。

例えば、

 ・メール回答が誰よりも早い
 ・24時間サポート可能
 ・個人ランキング、新豚賞で実績有り
 ・あるいは個人ランキング、新豚賞で実績有る子豚さんを育てた
 ・お勧めの価値ある情報を提供できる
 ・子豚を○名育てたベテランである
 ・豚の貯金箱のことを誰よりも熟知している
 ・色気仕掛け

等々。

なお、豚の貯金箱会員規約の第十七条の禁止事項において、
(19)会員勧誘および宣伝において金品の発生する、宣伝勧誘を一切してはならない。
と謳われているのでご注意ください。

また、”子豚チャン欲しいよ企画”へは、最低、2週間連続で、参加されることをお勧めします。では、最低、2週間連続に拘る理由について説明します。

例えば、豚の貯金箱に参加したいという気がある方が、あなたの宣伝する”子豚チャン欲しいよ企画”を見たとします。そして、親豚となるあなたの子豚さんになってもいいかな、とその子豚さん候補の方は考えます。

しかし、大半の次期子豚さん候補の方は、散々悩んだ挙げ句、結局、最終的な結論は出ず、一端は、”子豚チャン欲しいよ企画”を離れるケースが多いのです。

そして、本当に豚の貯金箱に興味がある方は、再度、あなたの宣伝する”子豚チャン欲しいよ企画”を確認し、あなたの子豚さんになってもいいと漸く結論を出し、新規会員登録をしてくれます。

これは、新規商品購入の際の人間心理によく似ています。

例えば、店頭に並んだある商品をあなたが見つけ、「これ、ほしいな。」と思います。あなたは、自分の目でよく見て、または触ってみて、さて、買うか否かで悩むものだと思います。その商品が高額であれば尚更のことです。

もちろん、衝動買いする方もいらっしゃると思いますが、大抵の方は、思い悩むものと考えます。そして、一端はその場を去るか、店内を一周することが多いかと思います。

しかし、その商品を本当にほしいと思うあなたは、再度、その場に戻り、その商品を眺めるでしょう。そして、漸く買う決断をする。

これが、新規商品購入の際の人間心理なのです。

従って、そのお店では、再度、訪れたお客様のためにも、一定期間は、同じ商品をラインナップしておく必要があります。

では、これを、”子豚チャン欲しいよ企画”に当てはめて考えます。

”子豚チャン欲しいよ企画”は1週間単位で実施されるため、仮に、あなたが、1週間だけ、その企画に参加したとします。例えば、ある方が、企画の終わりかけた週末に、はじめて、企画に掲示されたあなたの宣伝を見たとします。

その方は、一端、その企画を離れ、再度、企画の週明けに訪れたとき、あなたの募集が無かったら、当然ですが、その方は、あなたの子豚さんになることは決してありません。

要するに、最初の1週間で、あなたのことを十分に印象付けさせ、次の1週間で再度訪れてもらい、あなたの子豚さんになってもらうのです。

このようなことからも、”子豚チャン欲しいよ企画”は、最低、2週間連続で、参加されることがベターなのです。

では、毎週、参加すればいいのではないかとの意見も出てくるものと考えますが、参加するには、100ポイントの出費が必要です。お小遣い稼ぎサイトの豚の貯金箱で、ポイントを出費するという逆行した行為から、長期連続での参加は、あまり、お勧めしません。あくまでも、短期間に集中して、より多くの子豚さんを獲得することがポイントです。

前述した”子豚チャン欲しいよ企画”への参加を”ベスト”と表現するのではなく、あえて”ベター”と表現したのはこのためです。

次に、これから述べることが大変重要になってきますが、”子豚チャン欲しいよ企画”以外でも、並行して、子豚さんを募集することです。

子豚さん集めの宣伝方法は、いろいろあるかと思います。リードメール、トラフィックエクスチェンジ、掲示板書き込み、メルマガ投稿等々です。

しかし、前述しましたが、お小遣いを稼ぐためのサイトである豚の貯金箱で、自分の大切なお金を出してまで、子豚さん集めの宣伝を行う気にはなれません。誰もが、そのように考えると思います。

もちろん、リードメール、トラフィックエクスチェンジ、掲示板書き込み、メルマガ投稿の場合でも、無料で使うこともできますが、これまでの私ポニョの経験から、それらは、決して効果のある手段であるとは思えません。なお、時間がある方には、否定するつもりはありません。

では、子豚さんを集める上で、自分のお金を一銭も出費することなく、無料で効率よく、より多くの子豚さんを集めることができるのか。

今回の要となるテーマです。

大手検索エンジンで、自身のブログ、もしくはホームページ(以下、ブログで表現統一)を上位に持ってくるのです。もちもん、その際の検索キーワードは、「豚の貯金箱」です。

豚の貯金箱に興味があり、新規会員登録を考えられている方は、当然、パソコンと整ったネット環境を有する人間です。

豚の貯金箱への入会にあたり、大半の方々は、検索エンジン、口コミ等を利用して、豚の貯金箱はどのようなサイトであるのかをいろいろと事前調査するものと考えます。

従って、検索エンジンで、「豚の貯金箱」という検索キーワードで、上位表示されれば、必然的にあなたのブログが次期子豚さん候補に見られるため、あなた自身を大きく宣伝することができます。

仮にそのブログ上で、新規会員登録をしていただければ、誠に有り難いことですが、その方が、”子豚チャン欲しいよ企画”で再度、あなたのハンドルネームを見つけたとき、あなたに親近感を抱くことは間違いありません。

このように、”子豚チャン欲しいよ企画”への参加と検索エンジン上位表示が並行してできれば、あなたに子豚さんができる可能性が、より一層高まるものだと考えます。

私”ポニョ”の場合、2008年7月に豚の貯金箱に入会し、豚の貯金箱用のブログとして、本ブログサイトを立ち上げました。入会月の7月は、ブログを書くネタが全くなかったため、8月に入ってから、除々にブログを書き始めるようになりました。

それと同時に、SEO対策も並行して進め、菊花豚賞で子豚さんが必要となる9月に入って、漸く、「豚の貯金箱」の検索キーワードで、Googleでの表示がトップページに入ることができるようになりました。ページランクも、2に上がりました。なお、Yahoo!には相性が合わず、嫌われています。

最後に、いかに短期間で多くの子豚さんを獲得するかについてを以下に整理します。

(1)豚の貯金箱サイト内にある”子豚チャン欲しいよ企画”に積極的に参加する
(2)検索エンジンで自身のブログが上位表示されること

ここで、では、どのようにして、検索エンジンで自身のブログが上位表示されるようになるのかといった質問が出てくるかと思います。

その件に関しては、次回の特集として、本ブログで報告させていただきたいと思います。

次回の特集もどうぞ、お楽しみに。

また、豚の貯金箱に、少しでも興味を持たれた方は、画面左上にある「新規会員登録(無料)」から、入会してください。豚の貯金箱では、全て無料で、お小遣いを稼ぐことができます。


« 豚の貯金箱が主催する菊花豚賞 | トップページ | 豚の貯金箱 川柳 大賞発表 »

豚の貯金箱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089409/24383466

この記事へのトラックバック一覧です: [特集] 2週間で子豚4名を獲得する方法:

» ■この無料レポートはもう読みましたか? [アクセスアップ]
ご存じのとおり、インターネットビジネスで成功するためには、サイトにアクセスを集めることは必須です。どんなにデザインを凝っても、文章を考えても・・・アクセスがないことには、何も始まりません。しかし、最近はメルマガ広告などの反応も落ちてきていて、SEOも難しくなってきています。キーワード広告だって、競合がどんどん参入し、単価もウナギ登りです・・・では、どうすれば、効率よくアクセスを集めることができるのでしょうか?最近リリースされた無料レポート”1日13,000ビジターを集める、 ...... [続きを読む]

受信: 2008年10月12日 (日) 00時07分

« 豚の貯金箱が主催する菊花豚賞 | トップページ | 豚の貯金箱 川柳 大賞発表 »